杜ねこ会 趣旨

 

無責任な飼い主やルールのない餌やりを起因とする飼い主のいない猫が増えたことにより

 糞尿被害や子猫が産まれたなどの苦情や相談が、仙台市動物管理センターや

ボランティアによせられるケースが増えています。

 

  不適切な飼育による多頭飼育や無責任な餌やりなど主体者が

高齢である傾向も顕著となっています。

   また「飼い主のいない猫」は所有者の曖昧さを伴う存在であり

避妊去勢手術の費用負担を誰が担うかの点にも明確さを欠き

捕獲し避妊去勢手術を行う個人やボランティアの負担が大きく

 増え続ける猫の対応に医療費も増大し疲弊する事態となっています。

 

   現状の改善には、行政・地域住民・ボランティアが連携し、飼育に関する適切な

情報の発信、ノウハウの提供、飼い主のいない猫に避妊去勢手術の施行

これらの活動推進のための人材育成が必要になります。

  杜ねこ会は、この現状を正しく集約し改善するために、飼い猫の適性飼養と地域猫に対し 

  計画的な支援と啓発を行っていきます。

 

 

  排除するのではなく、捕獲し避妊去勢手術をし住んでいた

元の場所に戻し管理することで

     地域の方々と猫が心豊かに共生できるまちづくりを目指します。 

飼い主のいない猫から生まれた子猫たち